かに食べ子.com > 違い > タラバガニはカニじゃない?ヤドカリとの違いとは

タラバガニはカニじゃない?ヤドカリとの違いとは

タラバガニは、ズワイガニと合わせて「二大蟹」と言われるカニ業界のエース的存在です。

しかし、タラバガニは厳密にはカニではありません。

生物学的にどのように分類されているのか、タラバガニの生体について紹介したいと思います。

タラバガニはカニではない

タラバガニは、エビ目ヤドカリ下目タラバガニ科に分類されており、生物学的にはヤドカリの一種です。

エビ目(十脚目)のうち、カニ亜目(短尾亜目)、ヤドカリ亜目(異尾亜目)、エビ亜目(長尾亜目)のいずれに該当するかで3種を分けます。

十脚甲殻類のうち、しっぽの短いのがカニ、長いのがエビで、その中間がヤドカリという分類です。

カニの足は5対(10本)ありますが、タラバガニは一番下の足が小さく、メスの腹部が右に捻じれているという、ヤドカリと共通する特徴がありますので、外見的にはカニに近いですが、生物学的には他のカニと区別してヤドカリに分類されています。

同じようにエビによく似たヤドカリもおり、この3種は遺伝子的に類似しています。タラバ蟹が「蟹じゃない」といっても、あくまで生物学的な分類であり、食べれば立派なカニです。

そもそもヤドカリとは?

ヤドカリというと、貝殻を背負って移動しているイメージがあると思いますが、ヤドカリの貝殻はヤドカリの一部ではなく、別の生き物(主に巻貝)の殻を使用しています。

その貝殻を取り外すと、はさみの形をした足(はさみ脚)があり、移動に使う前足(第1歩脚・第2歩脚)は大きく、貝殻の中のゴミをかき出す残りの足は小さくなっています。

甲部のあとに柔らかい腹部があり、メスの場合は腹部の後に右に捻じれた腹肢が続きます。節がないので貝殻の中にも簡単に収まることができます。

この節がないという部分が、エビやカニには見られないヤドカリ独自の特徴となります。ヤドカリは脱皮をしながら成長していき、成長に合わせて新しい貝殻に引っ越します。

ヤドカリには、左のハサミが右側よりも大きい「ヤドカリ科」と、右のハサミが左側よりも大きい「ホンヤドカリ科」の2つに分けられます。

たらば蟹は、ホンヤドカリ科と遺伝子的に近いという調査があります。広義の意味でヤドカリに属する生物を「異尾類」と言いますが、カニに近い異尾類には、タラバガニだけじゃなく、アブラガニ、ハナサキガニなどもあります。

タラバガニってどんな味?

タラバガニ1本1本の足が太くて、胴体にも身がぎっしり詰まっています。

癖のないあっさりとした味をしており、カニの風味と甘みがあります。

肉質たっぷりですので、その触感を堪能するためには、中身を解さずにそのまま食べたいところです。

焼きタラバにして塩とレモン汁で食べれば、甘いカニ汁が口の中で広がり、なんともいえない幸せな気分になるでしょう。

味が少々薄いですので、生のまま刺身にする場合は、わさび醤油などに付けて食べます。

足をそのまま鍋に入れてダシを取り、お好みに合わせてポン酢や七味で食べてもいいですね。

たらばがにはボリュームがありますので、家族で食べたい方にもおすすめです。ただし、残念ながらカニ味噌を食べることはできません。

活きガニを購入する時は、加熱する前に味噌を取り除くことを忘れないようにしましょう。

味と大きさは関係ない

タラバガニは淡泊な味ですが、大きいから淡泊というわけではありません。

食材によっては、大きく成長すると大味になる場合もありますが、カニについては成長しても味はほとんど変わりません。

むしろ何度も脱皮を繰り返して大きくなったカニは、ダシがよく出て美味しいと言われており、価格も高くなります。

カニは硬い甲羅で自分を守っていますが、その甲羅自体は成長することができないので、中身が大きくなる時は、甲羅ごと脱皮してしまいます。

一部ではなく全身丸ごと脱皮するので時間がかかり、その時間カニは無防備となります。

そのため、脱皮自体に大変リスクがありますが、脱皮すると大きくなるだけじゃなく、傷付いた部位の再生も行うことができるので、非常に重要です。

たとえば、他の生物に捕食されてハサミや足を失っても、脱皮するとすべて再生した状態で殻から出てきます。

脱皮する時は体力を消耗するので、脱皮直後に捕まえたカニは身がスカスカしていて美味しくありませんが、脱皮から少し時間が経ったカニであれば、身が詰まっている上に全身揃っています。

幼生期には10日に1回ぐらい脱皮しますが、成長しても1年に1回くらい脱皮するので、脱皮直後のカニを手に入れないように注意する必要があります。

タラバガニとアブラガニとの違い

タラバガニとアブラガニはよく似ているので、購入の際は注意が必要です。アブラガニは英名がBlue-kingcrabであるように、青っぽい色をしています。

茹でてしまうと赤くなるので見分けにくいですが、裏返しにしてみると、タラバガニは足先だけ赤く他の部分は白いのに対し、アブラガニは足先まで白っぽいです。

また、アブラガニは全体的に丸みを帯びており、タラバガニが横に広いのに対し、アブラガニはやや縦長で(両足を含めて)四角形をしています。

アブラガニの足先はタラバガニよりも長く、トゲの数も全体的に少なめです。決定的な違いは、甲羅の中央にあるトゲの数が、タラバガニが6個であるのに対し、アブラガニは4個という点です。

重要な味の違いについては、ボイルした場合、タラバガニの方が柔らかくて甘いと言われますが、ほとんど区別がつかない場合もあります。

普段食べる分なら、価格の安いアブラガニを選んでもいいのではないでしょうか。

ちなみに、タラバガニの旬の季節は2~3月、アブラガニは3~4月です。

スーパーや市場で生のものを購入するのではなく、通販で購入する場合、冷凍されたものを順次発送しているので、上記の時期に購入しても、その時期より前に獲れたものであることが多いです。

冷凍されているので劣化はほとんどありませんが、知らない通販サイトを利用する時は、いつ獲れたものか確認することをおすすめします。

食べ子では良質なタラバガニを安心して食べたいという方に、カニの通販専門店「かにまみれ」を推奨しています。

カニ食べ子推薦のタラバガニ通販おすすめランキング

1位 かにまみれ

⇒かにまみれの公式サイトはこちら

2位 かに本舗

⇒かに本舗の公式サイトはこちら

3位 浜海道

⇒浜海道の公式サイトはこちら

4位 北釧水産

⇒北釧水産の公式サイトはこちら

5位 マルゲン後藤水産

⇒マルゲン後藤水産の公式サイトはこちら

「たらばがに通販で失敗したくない。」人は必見!

カテゴリメニュー