かに食べ子.com > 比較 > 毛ガニとタラバガニの味の違いは?毛ガニの美味しい食べ方!

毛ガニとタラバガニの味の違いは?毛ガニの美味しい食べ方!

見た目が豪勢で満足行くまで食べられるタラバガニ。

小ぶりだけどカニ味噌まで美味しく食べられる毛蟹。

どちらも美味しいカニですが、その特徴は全然異なります。

高価なカニだからこそ、自分に合ったカニを選びたいですよね。

ここでは「カニの王様」タラバガニと、「裏番長」毛蟹の魅力について紹介したいと思います。

タラバガニとは?

タラバガニは両足を広げると1m以上を超えることも珍しくない、非常に大きなカニです。

カニといっても、実はヤドカリの仲間であり、足の1対が小さくて食べられない、カニ味噌が美味しくなくて加熱すると全身に流れてしまう(だから加熱前に取り除く)など、ヤドカリならではの問題があります。

しかし、それ以外ではほとんどカニと変わりません。それどころか、カニ科のカニよりも高級なカニとして高い価値が付けられています。

タラバガニの魅力は、何と言ってもその極太足でしょう。ボイルした極太足はフワフワ、プリプリの触感です。

他のカニも美味しいですが、タラバ蟹ほどの大きさがありませんので、触感という点では真似ができません。

また、量がありますので、様々な料理に使用することができます。

たとえば、カニクリームコロッケ、カニグラタン、カニ雑炊、カニのパスタなど。

味の濃いズワイガニや毛蟹を使うのはもったいないかもしれませんが、たらば蟹なら量も多いですし、足以外の部分(甲羅の下や肩の部分)にもたっぷり身が詰まっています。

足はそのまま食べて、甲羅部分でカニ料理を作れば、自宅でカニ祭りを開催できます。豪勢に使用できるのが、たらばがにのメリットです。

毛蟹とは?

タラバガニは淡泊であっさりした味をしているので、カニ好きの方には少々物足りないと思われるかもしれません。

そんな方におすすめなのが毛蟹です。毛蟹はクリガニ科に属する蟹であり、別名をオオクリガニと言います。

太平洋からアラスカまで幅広い範囲で水揚げされており、日本では北海道産の毛蟹が多いです。

日常的にカニを食べている北海道の人々には、毛蟹が一番人気と言います。

一見しただけですと、なんだかモジャモジャした毛が生えているし、小ぶりだし、あまり美味しそうに見えない…と感じるかもしれません(実際、戦前は毛蟹の存在はほとんど無視されていました)。

しかし、毛蟹を一度食べると病みつきになってしまう方が多いです。

毛蟹はタラバガニほどの量はありませんが、身が柔らかく繊細な味をしています。

特に毛蟹のカニ味噌は、濃厚でコクのある味をしており、苦味よりも甘みがあります。

ものによってはまったく苦味、渋みがありませんので、「カニ味噌が苦手」という方でも楽しむことができます。

舌触りもトロトロと滑らかですし、臭みもなく、爽やかな磯の薫りを楽しめます。

毛蟹は殻が柔らかいので剥きやすく、中身をすべて取り出したら、味の濃厚な足の部分はそのまま食べて、カニ味噌は肩肉と和えて食べる「とも和え」にするのが、通の食べ方です。

カニ味噌を少し残しておいて、空になった甲羅に味噌と日本酒を入れてそのまま熱にかければ、「甲羅酒」の完成です。

甲羅に穴が開いている場合は米粒などで塞ぎ、アルミホイルで包んでから日本酒を入れた方がよいでしょう。毛蟹を丸ごと一匹購入したら、ぜひ「とも和え」と「甲羅酒」に挑戦してください。

食べた後の殻は味噌汁のダシにも使えますので、お酒の飲めない方もカニを丸ごと楽しむことができます。ちなみに、カニ味噌好きの間では、毛蟹と並んで上海ガニも人気です。

毛蟹の獲れる時期と旬

毛蟹をもっと知りたいという方のために、毛蟹の獲れる時期と旬について紹介します。

毛蟹は広範囲に分布しているため、獲れる場所によって味が若干異なることがあります。

基本的に一年中捕獲することができますが、流氷などの障害物を避けて獲るしかありませんので、北海道ではえりも(日高)で11~2月、オホーツク海で3~6月、噴火湾では7~8月、道東産(太平洋)では9~10月頃に捕獲されます。

ただし、日本の漁獲規制では甲羅が8cm以上にならないと獲ることができません。

8cm以上になるには大体5年かかりますので、市場には海外から輸入されたものが多く流通しています。

産地によって漁期が異なりますので、毛蟹の旬がいつとは一概に言えませんが、基本的に漁期と旬は重なります。というのも、毛蟹の漁期は流氷が溶けた後になります。

毛蟹の餌となり植物プランクトンは流氷とともに運ばれてきますが、海が凍っている時は光が届かず、十分に光合成を行うことができません。

しかし、温かくなり氷が溶ければ、植物プランクトンの光合成が活性化して、爆発的に増殖します。

大量の植物プランクトンを食べた毛蟹は身も引き締まり、栄養満点で非常に美味しくなります。

脱皮の時期は避ける

ですので、基本的に上記の産地と時期に合わせて食べることをおすすめしますが、脱皮の時期に当たってしまうと、身がスカスカで水っぽい毛蟹になってしまいます。

毛蟹は年に1回脱皮しますが、脱皮の際に体力をたくさん使用してしまうため、その時期に当たると少々残念なことになります(脱皮直後の毛蟹は「若蟹」と呼ばれます。

毛蟹の脱皮時期は2~3月であることが多いですが、場所やサイズによって異なります。

直接手に取って判断するのであれば、重みがあって甲羅を押しても凹まないカニが、身がぎっしり詰まっている毛蟹であるといえます。

また、脱皮直後はオレンジ色をしており、次第にピンクから茶色に変わります。

ですので、生であれば茶色い色をしているというのもポイントになります。

しかし、通販で購入する場合は、自分で手に取って確かめることはできません。そのため、毛蟹について知り尽くした、信頼できる通販会社を選ぶことが大切です。

食べ子では、信頼できるカニ専門店として「かにまみれ」を推奨しています。4大蟹のセットもありますので、蟹の食べ比べにチャレンジしてはいかがでしょうか。

毛蟹のそっくりさん

ちなみに、毛蟹の属するクリガニ科で食用になるのは、毛蟹、クリガニ、トゲクリガニ(桜ガニ)の3種類です。

クリガニ、トリグリガニは、側縁第4歯が発達しており、全体的に五角形に近い形をしています。

トリグリガニは中央の2歯が小さいという違いがありますが、並べてみても少々判断に迷うことがあるでしょう。

見た目で判断できない場合は、産地で判断することができます。クリガニは北海道の根室以北に生息しており、根室、オホーツク海、アメリカのカリフォルニア、朝鮮半島などで獲れます。

トリグリガニは北海道から東京湾にかけて幅広く生息しているので、福島や青森などが産地となっていれば、トリグリガニと言えます。クリガニ・トリグリガニは、毛蟹よりも小ぶりでカニ肉が少なく、若干味が薄いです。

しかし、カニの風味はしっかりありますし、カニ味噌も美味しいです。安価で購入できるので、毛蟹の代用品として試してみるのもありでしょう。

カニ食べ子推薦のタラバガニ通販おすすめランキング

1位 かにまみれ

⇒かにまみれの公式サイトはこちら

2位 かに本舗

⇒かに本舗の公式サイトはこちら

3位 浜海道

⇒浜海道の公式サイトはこちら

4位 北釧水産

⇒北釧水産の公式サイトはこちら

5位 マルゲン後藤水産

⇒マルゲン後藤水産の公式サイトはこちら

「たらばがに通販で失敗したくない。」人は必見!

カテゴリメニュー