かに食べ子.com > 購入 > タラバガニの激安通販業者はどこ?失敗しない業者の選び方

タラバガニの激安通販業者はどこ?失敗しない業者の選び方

美味しいタラバガニを食べるためには、通販サイト選びが一番重要です。

他の食品とともにカニも仕入れているという業者より、仕入れから加工、輸送まで、すべての工程を把握しているカニの専門サイトを利用した方が安心です。

特にタラバガニは希少性が高くなっていますから、仕入れルートを確保している専門業者じゃないとなかなか品質の良いカニは手に入りません。

ここでは、食べ子がおすすめするカニ通販サイトをランキング形式で紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1位 かにまみれ

タラバガニは高級品ですので「訳ありで安く購入したい」という方も多いですが、訳ありになるとどうしても品質低下を招いてしまいます。

そのため「かにまみれ」では、人気店では珍しい「全品訳なし」を実施しており、すべて厳選されたカニのみを販売しています。

「かにまみれ」は、カニの仕入れから味付け、販売まで徹底した品質管理を行っていますので、よく分からない仕入れ元から輸入したり、未熟な職人に茹でさせて風味を台無しにしたりする、という心配はありません。

パッケージも熟練スタッフが丁寧に行っており、贈り物としても安心です。実際、「かにまみれ」はYahoo!ストア売れ筋ランキングで「お中元売れ筋ギフト」ランキングで1位を獲得しており、「贈り物で失敗したくない!」という方に人気があります。

自分で食べる場合も、「4大蟹の食べ比べセット」や「しゃぶしゃぶ用生冷凍ポーション」など、お買い得な商品が揃っています。

最高級品のタラバガニを食べたいという方に「かにまみれ」はおすすめです。

⇒かにまみれの公式サイトはこちら

2位 かに本舗

「かに本舗」は、高品質のカニが産地特化で安く手に入るお店です。

他の店舗と比べても安いですが、それは「訳あり」だからではなく、アラスカなど現地に行って大量に一括買付けするからです。

年間のカニの買付け量は500トンであり、カニ業界最大級の通販量です。

大量に流通できる実力があるからこそ、全体的に安く販売できるというのもあるでしょう。

アラスカ産というと加工は大丈夫かな?と思われるかもしれませんが、「かに本舗」は現地に日本人指導員がおり、加工から検査まで厳しく行っています。

品質と価格をうまく両立させている「かに本舗」は、「お得にカニを食べたい!」という人々の心を惹きつけ、5年連続で「ネットショップ大賞(グルメ部門)」1位を獲得、顧客満足度も94%に上ります。

ちなみに、「かに本舗」はタラバガニもお買い得ですが、一番人気はズワイガニのむき身のセットです。

⇒かに本舗の公式サイトはこちら

3位 カニの浜海道

自宅で料亭の味を楽しめるのが「カニの浜海道」です。「カニの浜海道」は2007年にオープンしてから一貫して厳選された食材だけを扱っており、食材の選定から納品までプロ仕様で行っています。

主に地元である函館のホテルや旅館、割烹、お寿司屋さんなどに卸売りをしており、その延長でインターネットによる通信販売も行っています。

「安かろう悪かろう」を徹底的に排除した安心素材です。

「訳あり」商品も扱っていますが、「カニの浜海道」の訳ありは、正規品の本タラバガニの脚が欠けたり、傷が付いたりして「訳あり」になったものであり、類似品のアブラガニや小ぶりな脚ばかり詰め込んだものではありません。

船上で急速冷凍した新鮮な本タラバガニの味、身入りがそのままであり、侮れない商品となっています。

タラバガニの原産地は主にロシア、アラスカであり、食べごたえたっぷりの特大タラバガニを味わうことができます。

人気の「生冷凍本タラバガニ脚ポーション」は1㎏あたり26~30本(税込8,480円)入っており、カニのバター焼きや鍋料理など、オールマイティーに活躍できます。

⇒カニの浜海道の公式サイトはこちら

4位 北釧水産

「北釧水産」は、カニだけじゃなくエビやイカなどの魚貝類も幅広く扱う店舗ですが、カニに関しては北海道の市場などで直接仕入れており、厳選されたカニだけを取り使っています。

目利き人の選んだ魅入れ抜群の本たらばがにを、絶妙な塩加減で熟練のプロが茹で上げます。

特にたらば蟹のしゃぶしゃぶ用ポーション(特製タレ付)の人気が高く、リピート率90%以上という驚異の満足度となっています。

「北釧水産」ではカニしゃぶ専用ラーメンも販売しており、カニしゃぶの後は特製ラーメンで締めるのが、「通」の食べ方と言います。

その他の魚貝類も特定の生産者、会社から上質のものだけを仕入れており、味と品質に定評かあります。

通販歴15年以上のお店であり、配送や梱包の細かい部分にも気を遣うきめ細かなサービスで顧客の心を掴んでいます。

⇒北釧水産の公式サイトはこちら

5位 マルゲン後藤水産

「マルゲン後藤水産」は、昭和19年創業の水産加工会社が運営している通販サイトです。

元漁師の社長が目利きしているアラスカ産の極太脚タラバガニなど、目玉商品が豊富であり、リピート率も高いです。

一括仕入れや自社工場での加工により値段を低く抑えていますが、あくまで適正価格です。

自社工場から出荷するので、卸価格になっています。

北海道漁連にも加盟しており、衛生管理も行き届いています。「マルゲン後藤水産」は季節に合ったものを販売しており、夏はメロン、冬はタラバ蟹、その他にもとうもろこしやアスパラ、肉類などを扱っており、北海道の幸を存分に味わうことができます。

通販歴10年、ネット通販歴5年以上、楽天市場にも出店しているノウハウ豊富なお店です(楽天市場やYahoo!JAPANショッピングでは「フーズランド北海道」で検索できます。

⇒マルゲン後藤水産の公式サイトはこちら

タラバガニ通販サイトおすすめランキング

「タラバガニが食べたい!」と思った時、ボタン1つで美味しいタラバガニを手元に届けてくれるカニ通販は大変便利です。

通販サイトで購入すれば、クレジットカードの通常ポイントが付きますし、大量のタラバガニを一括購入・販売できる通販業者ならリーズナブルで購入できて、家庭で調理する手間も省けます。

ただし、通販サイトによって取り扱うカニのタイプが異なります。ここでは、利用者の目的に合ったカニ通販サイトを紹介します。いずれもカニ業者として高い実績を持つ人気店です。

ギフト・お歳暮におすすめ通販サイト

カニは爪や脚が折れやすく、見た目の悪いものも多いです。

自分で食べる分には気にならない方も多いと思いますが、贈答品としてカニを送る場合は、見た目のキレイなものを選びたいですよね。

「かにまみれ」は全品訳なしですので、訳ありガニが混入する心配はなく、贈答品として味も見た目も申し分のない最高級のカニを手に入れることができます。

脱皮直後のカニ(若蟹)は、いくら見た目が立派でも身が細く水っぽいですが、脱皮してから時間が経過しているカニ(堅蟹)は、プランクトンをたくさん食べて殻の端々まで肉が詰まっています。

身入り率が高い上、味も甘く、食べた時の満足感が違います。

「かにまみれ」で扱うカニはすべて堅蟹ですので、贈り物でも安心です。

「カニの買い方が分からない」「カニの種類やサイズについて質問したい」という方は、チャットでスタッフと相談しながら、商品選びを行いましょう。

コストパフォーマンスの良いカニ通販サイト

一昔前はほとんど日本人にしか需要のなかったカニですが、昨今は海外でもカニ人気が沸騰しており、価格が高騰しがちです。そんな中、少しでも低価格で消費者にカニを届けようと努力している業者もあります。

「かに本舗」は、社長・店長がアラスカへ行き、ズワイガニを一度に大量買付することで、1体あたりの価格を引き下げることに成功しました。

一括購入は量に比例して低価格になりますが、「かに本舗」のカニ取扱量は他社に抜きんでており、年間500~700トンのカニを買付しています。

リーズナブルな上、急速冷凍で風味を封じ込めたカニを北海道直送で消費者の元に届けます。

特に生ズワイガニを手剥きでカットとした「かにしゃぶむき身満足セット」の人気が高く、カニ鍋パーティを開くには打ってつけのサイトと言えます。

また、販売過程のコストを徹底的にカットすることで、コストパフォーマンスを追求している業者もあります。

「マルゲン後藤水産」は、水産業者が運営している通販サイトであり、自社で捕獲したカニを自社工場(一部協力会社)で加工し販売することで、余計なコストを発生させず、お手頃価格で消費者の元にカニを届けることができます。

「かに本舗」の主力商品はズワイガニですが、「マルゲン後藤水産」の主力商品はタラバガニであり、アラスカ産の特大タラバガニをリーズナブルに購入できます。

特に予約販売で購入すると、通常価格より2~3割ほど割引された当店特別価格で購入することができます。

「かに本舗」は条件付き送料無料であり、税込8,000円以上で無料になりますが、「マルゲン後藤水産は販売価格と関係なく、全国一律1,280円の送料がかかります。そのため、同梱でまとめ買いすることをおすすめします。

訳あり・まとめ買いがお得なカニ通販サイト

「バイキングのようにお腹いっぱいカニを食べたい!」という方なら、多少見た目が悪くても、とにかく量を重視すべきです。

もちろん、量が多くても中身がスカスカのカニでは意味がありません。カニは収穫するタイミングにより、品質に大きな差が出ます。

低価格のカニの中には、中身がスカスカで売り物にならないカニも流通しておりますが、「かにの浜海道」では、正規品と中身が変わらないけど、殻の傷や脚折れによって価格が安くなっているカニを訳ありとして低価格で提供しています。

需要の高いタラバガニの脚のみを2.5kg(凍結時の重量)入れた「訳ありタラバガニ脚2.5kg」は人気が高く、訳あり品でも品切れが続出しています。

カニはボイル冷凍されており、調理の必要はありません。

なお、カニ自体が高くでも、Yahoo!ショッピングなどポイント獲得率の高い通販サイトを利用することで、低価格に購入できる場合があります。

プレミアム会員なら常時ポイント5倍ですので、ポイント還元率で割高分をペイできる場合もあります。ストア一覧・売れ筋一覧でチェックすれば、価格の低い店舗も一目で分かります。

ただし、実績の低い店舗が上位に食い込んでいる場合もありますので、出品者の口コミ、評判などを確認してから購入した方がよいでしょう。

たらば蟹を通販で購入する注意点

通販サイトでは直接カニの姿や重さを確認することができません。そのため、「実物を見たら思ったよりも小さい」など、想像と違うケースも出てきます。

カニ通販で失敗しないためには、タラバガニの相場やサイズの見方について把握しておきましょう。

たらば蟹の相場価格を知ろう

タラバガニの相場価格は、姿の場合1kgあたり8,000円程度です。

「かにまみれ」など、最高級のカニしか取り扱わない通販サイトですと1kgあたり10,000円を超えるケースもありますが、安いところですと6,000~7,000円程度で購入できる場合があります。

姿ですと食べる部分の少ない甲羅も含まれていますので、1.3kg~1.5kgで購入する方が多いと思いますが、1.3kg~1.5kgですと15,000円程度が相場になります。

自家用ですと脚で購入する方が多いと思いますが、脚の場合は1kgあたり10,000円程度です。注意したいのは、重量の中身です。

同じ脚1kgでも、小さい脚を1kg分用意するのと、特大タラバガニを1肩1kg(フルシェイプ)で購入するのとでは、食べられる量が異なります。

カニの重量には殻の重さも含まれますので、小さい足し脚が多いと、それだけ食べられる分が少なくなります。

激安品ですとしばしば殻の重さで重量を多く見せかけているケースが多いですので、足し脚が何本くらい入っているのか、注意事項をよく確認しましょう。最高ランクの特大タラバガニですと、1kgで14,000円ほどかかります。

サイズ・重さ・産地を確認しよう

カニのサイズ表記に統一ルールはなく、販売業者が自由に表記できます。そのため、「特大8Lサイズ!」と書かれていても、他社の「Lサイズ」に該当する場合もあります。

カニを選ぶ時は、サイズではなく重量で比較する方がよいでしょう。

「重量で決めるといっても、どのくらいの量が適切なのか分からない」という方は、カニの説明欄に記載されている「大人1~2人分」という人数表記を確認しましょう。

目安としては、500gで大人1~2人前、1kgで2~3人前、2kgで5~6人前になります。

タラバガニの産地は、主にロシアのオホーツク海になりますが、ロシア産のタラバガニは栄養満点で味も濃厚と評判です。

ただし、水揚げ時期によってタラバガニの品質に差が出やすいというデメリットがあります。

アラスカ産のタラバガニは水揚げ時期が限られており、カニの品質が均一になりやすく「はずれ」が少ないというメリットがあります。

タラバガニの場合、産地によってカニの品質が大幅に変わることはあまりなく、産地偽装も少ないですが、ズワイガニの場合、松葉ガニや越前ガニのように指定業者しか扱えないブランドガニがあり、産地偽装が行われるケースがしばしばあります。

また、外国産よりも国産の方がイメージがよいので、外国産を「北海道産」などと偽装して高値で販売する業者もおります。

通販サイトを選ぶ時は、カニの仕入方法が詳細に記載されているカニ専門業者の通販サイトを利用する方がよいでしょう。

信頼できるカニ通販サイトを見つければ、注意事項を一々確認する手間も省けます。

カニ食べ子推薦のタラバガニ通販おすすめランキング

1位 かにまみれ

⇒かにまみれの公式サイトはこちら

2位 かに本舗

⇒かに本舗の公式サイトはこちら

3位 浜海道

⇒浜海道の公式サイトはこちら

4位 北釧水産

⇒北釧水産の公式サイトはこちら

5位 マルゲン後藤水産

⇒マルゲン後藤水産の公式サイトはこちら

「たらばがに通販で失敗したくない。」人は必見!

カテゴリメニュー