かに食べ子.com > 購入 > タラバガニを選ぶ基準とは?「 Kg」「l」「肩」について

タラバガニを選ぶ基準とは?「 Kg」「l」「肩」について

タラバガニを購入する時は、必ずサイズを確認していると思います。

しかし、カニのサイズ表記には公式規格がなく、お店によって表記の仕方が異なる場合もあります。

表記を見てカニを購入したのに、「思っていたよりも小さかった」「少なかった」という声も少なくありません。

カニの購入で失敗しないようにするためには、「kg」「l(リットル)」「肩」などの表記の仕方について知っておく必要があります。

Lとは?

カニの表記方法で多いのは「S」「M」「L」「2L(LL)」などです。この表記は、輸入時の規格に基づいています。

100g以下 S
101~150g M
151〜200g L
201〜250g 2L
251〜300g 3L

輸入されるカニは、100g以下が「S」、101~150gが「M」、151〜200gが「L」、201〜250gが「2L」、251〜300gが「3L」…というように分けられており、その表記を参考にして買い取り価格を交渉することになります。

大きさや重さではなく、重量に基づく規格です。ただし、国内で販売する時の表記方法には、決まった規格がありません。

業者が自由に「うちではこれが3L。これが4L」というように自由に決めることができるので、大変紛らわしいです。

酷いケースでは「幻の8L」と宣伝されているカニが、輸入規格では100gの「S」だった、ということもあります。

消費者が混乱するため、輸入時の規格に合わせて表記する業者もおりますが、そうではない業者もおりますので、必ずg・㎏も確認しましょう。

共通の単位

「g」「kg」は、カニの共通単位ですので、カニを比較する時は必ず「g」「㎏」で比較します。ただし、カニには殻や甲羅という食べられない部分があります。

重量だけで比較しても、実際に食べられる部分がどのくらいあるのか分かりません。

サイズに対して重ければ中身が詰まっているということですが、通販の場合は直接手に取って確認することができませんし、1つ1つのカニについて「縦〇cm、横〇cm、厚み〇cm」といように測って販売するわけでもありません。

「〇㎏のカニが〇円」というように、重量で値段が付きますので、あとは公式サイトの説明にあるサイズの目安などを見て判断するしかありません。

たとえば「かにまみれ」では、「サイズの目安」として「縦25cm、横30cm、厚み11cm」で1.2㎏前後という表記をしており、写真もあるので大体の目安が分かりやすいです。

サイズが大きくても重さが少ないと、中身が少ない(ほとんど殻の重さ)ということですから、サイズと重さのバランスが重要になります。

横のサイズを測る時も、カニの脚を広げた状態で測っているのか、脚を折った状態で測っているのかによって全然長さが違いますから、「かにまみれ」のように一目で分かるようなサンプルの写真が欲しいところです。

詰め合わせの場合

もう1つ注意したいのが、「脚の詰め合わせ」に関する表記です。「脚1㎏」とある場合、何本の脚の詰め合わせで1㎏なのか、1脚のサイズはどのくらいなのか分からないと、お買い得なのかそうでないのか判断することができません。

脚の数が多くなるほど、殻の部分も増えますから、中身が少ないことになります。

また、脚は「1肩」「2肩」で販売されることが多いです。1肩とは一本足のことであり、「フルシェイプ」とも言われます。

「1肩1㎏」というように書かれていれば分かりやすいですが、「脚1㎏(2肩~4肩)」というように書かれている場合、1肩250g×4肩で送られてくる可能性もあるということです。同じ1㎏でも食べられる部分に差があります。

また、「足し脚あり」と記載されている場合は、重量の帳尻を合わせるために、小さな脚を加えています。

「1肩1キロ」で「足し脚なし」と「足し脚あり」では、「足し脚あり」の方が余計な殻が多くなる分、食べられる部分が少なくなります。

かにまみれ」のタラバガニは、「足し脚なし」のフルシェイプですので安心ですが、他の店舗ですと足し脚に関する記述がないなど、曖昧な表記になっていて分かりにくい場合があります。

「フルシェイプ」と書かれていない場合は、一本足ではなく折れた脚の寄せ集めという場合もあります。

グレースの重さに注意

冷凍のタラバ蟹には、グレースという氷の膜が付いています。

グレース加工することで、甲羅の隙間から空気が入り込まないようにし、フリーズドライ(冷凍焼け)を遅らせることができます。

カニの鮮度を保つために必要なグレース加工ですが、業者の中にはグレースの重さを目方に入れてしまう場合もあります。

グレースに厚みがあると結構重くなりますので、グレースも目方に入れてしまうと、実際にカニの重さがどのくらいなのか、判断することができません。

た、ボイルしたたらば蟹は、ボイルする前よりも2~3割軽くなります(毛ガニの場合は1割くらいです)。

それは加熱によって水分が抜けるためですので、加熱しない生冷凍のカニと比較した時は、同じ内容でも生冷凍の方が重くなります。

生冷凍とボイルのカニを比較した時に、生冷凍の方が2割程度重くても、実質的には同じ重さということです。

店舗によっては、ボイルガニの重さをボイルする前の重さで表記している場合もあります。

かにまみれ」ではグレースを目方に入れておらず、ボイルたらばがにについてもボイル後の重量で記載しているので、その点でも安心です。

カニ食べ子推薦のタラバガニ通販おすすめランキング

1位 かにまみれ

⇒かにまみれの公式サイトはこちら

2位 かに本舗

⇒かに本舗の公式サイトはこちら

3位 浜海道

⇒浜海道の公式サイトはこちら

4位 北釧水産

⇒北釧水産の公式サイトはこちら

5位 マルゲン後藤水産

⇒マルゲン後藤水産の公式サイトはこちら

「たらばがに通販で失敗したくない。」人は必見!

カテゴリメニュー