かに食べ子.com > 購入 > タラバガニを購入するなら産地直送!ただし注意点も

タラバガニを購入するなら産地直送!ただし注意点も

タラバガニを購入するなら産地直送がよいと言われますが、産地直送とは具体的にどのようなことを言うのでしょうか。

ここでは、タラバガニが産地直送で売られるまでの経緯と注意点について説明したいと思います。

産地直送とは何か?

タラバガニの産地直送とは、主に北海道から注文先(ご自宅)に直送しているということです。

産地直送というと、「北海道産」のたらば蟹が送られてくるように思われるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。

タラバ蟹の大半はロシア産やアラスカ産であり、北海道近海で獲れたものはごく少数です。

実際、産地直送という業者でも、「原産地」を見てみるとロシアやアラスカになっていると思われます。

輸入品の場合、「原産地」は原産国名を記載します。

原産国名に水域などを併記することもできるので、「ロシア産(オホーツク海)」というように表記されている場合もあります。

産地直送というと原産地から直送していると勘違いしやすいですが、あくまで「生産者」から直送しているという意味です。

生産者とは、カニの加工業者のことですので、北海道の業者が加工すれば、ロシア産のカニでも北海道からの産地直送となります。

ロシアやアラスカから直送している業者というのは、基本的にはありません。

間に税関などがありますから、専門業者が間に入り、北海道へと輸入されます。

そして輸入されたカニの中から、北海道のカニ業者が厳選されたカニを仕入れて、それを注文先に直送するという流れになります。

通販ショップは、直接カニを仕入れる北海道の卸業者(加工業者)が運営している場合もありますし、卸業者と提携している別の会社が運営している場合もあります。

別会社の場合、通販ショップに注文が入る→北海道の卸業者に伝える→業者から直送してもらう、という流れになります。

産地直送の注意点

注意したいのは、生産者に届くまでにどのようなルートで送られてきたか、という点です。たとえば、一度日本に入ってきて中国の加工会社に送られて再度日本に入ってくるというケースがあります。

この場合、加工したのは中国ですので中国産ということになります。

しかし、ロシアから中国や韓国に送られたカニが日本に輸入されて、日本で加工された場合は、日本の生産者からの「産地直送」ということになります。

そのように色々な国や地域を転々としているカニもありますが、活タラバの場合、やはり鮮度の問題があります。

すぐに届かないものは、どこかでボイル・冷凍されていますが、たらばがにはデリケートな生き物ですので、移動の最中にストレスで栄養がなくなり、中身がスカスカになってしまう場合があります。

日数も経っていますので、そのような状態で冷凍しても美味しくありません。

そのため、アミノ酸などの添加物を加えることで、味を誤魔化している場合もあります。

大量の添加物や防腐剤が付けられているカニは、「産地直送」のイメージとは程遠いですよね。長旅で疲れたカニは、とても新鮮とは言えません。

このように、産地直送という言葉だけでは、カニの鮮度などは分かりません。

具体的にどのようなルートで送られてきたのか、分かりやすく説明されている業者を選ぶこと、その上で本当に新鮮なカニを扱っている業者を選ぶことが大切です。

本当に美味しい産地直送とは?

本当に美味しい産地直送のカニとは、最短ルートで注文者に届けられるカニです。つまり新鮮なカニということです。

たとえば、「かにまみれ」は、北海道札幌にあるカニの通販専門店であり、北海道でカニの仕入れ・加工・発送を行っています。

つまり、カニを直接仕入れる一次問屋が、通販ショップを営んでおり、新鮮なカニをそのまま(あるいは加工して)発送しているということです。

加工というのは、選別・ボイル・冷凍処理などのことです。

ロシアやアラスカからカニが入ってきた時に、すでに加工された状態ですと、「茹でた時の塩加減は大丈夫なのか?」

「どんな塩を使用しているのか?」

「冷凍する際に重量増しされていないか?」などの心配がありますが、「かにまみれ」では活きた状態で仕入れて自社で加工しますので、そのような心配がありません。

鮮度の良い身入り抜群のタラバガニだけを、プロの目利き人が仕入れますので、各地を転々とたらい回しされたようなカニは、この時点でカットされます。

新鮮ですので添加物を付けることもありません。

完全無添加の状態で発送しますので、カニ本来の旨味を味わうことができます。

価格の面でもお得

最短ルートでご自宅に届くということは、価格の面でもお得です。中継先が多いということは、中間マージンが発生するということですから、鮮度が悪いのに高くなります。

新鮮な食材を扱うお店ほど、実は「品質のわりに安上がり」になるのです。

厳選されたタラバガニですから、一見すると価格が高いように思われるかもしれませんが、同じ品質のタラバガニを比較してみると、リーズナブルな価格であることが分かると思います。

このようなお店が、本当に美味しい産地直送のお店と言えます。

ちなみに、鮮度の良いカニを求めて北海道まで足を運ぶ方も多いと思いますが、長時間冷凍したものを解凍して「冷凍していないから新鮮です」と販売している業者もおります。

冷凍したものを解凍して販売する場合は、「解凍」と記載することが義務付けられておりますが、悪質業者がそのような義務を守るはずはありません。

通販でも実店舗でも、信用できるお店で買うことが、一番重要なポイントとなります。

カニ食べ子推薦のタラバガニ通販おすすめランキング

1位 かにまみれ

⇒かにまみれの公式サイトはこちら

2位 かに本舗

⇒かに本舗の公式サイトはこちら

3位 浜海道

⇒浜海道の公式サイトはこちら

4位 北釧水産

⇒北釧水産の公式サイトはこちら

5位 マルゲン後藤水産

⇒マルゲン後藤水産の公式サイトはこちら

「たらばがに通販で失敗したくない。」人は必見!

カテゴリメニュー