かに食べ子.com > 種類 > タラバガニはどこで獲れるの?産地による味の違いは?

タラバガニはどこで獲れるの?産地による味の違いは?

日本のタラバガニの産地は北海道ですが、市場に流通しているタラバガニは主にロシア産(オホーツク海)、アラスカ産(ベーリング海)です。

日本では禁漁区や禁漁期間が増えており、あまり捕獲することはできず、市場に一番流通しているのはロシア産になります。

しかし、日露密漁防止協定により、日本に輸入されるロシア産タラバガニは激減し、代わりにアラスカ産のタラバガニが急増しています。その他にも、カナダ産やノルウェー産、アルゼンチン産などのタラバガニがあります。

北海道産

北海道では、主に網走、羅臼などでタラバガニを捕ることができます。

北海道にはオホーツク海の流氷が流れてきて、栄養価の高いブラントンを運んできます。

そのため、栄養価の高い身の引き締まったタラバガニを獲ることができます。

外国からカニを輸入する場合、空輸する時間もありすぐに加工することはできませんが、北海道産であれば水揚げ直後に加工して、カニの旨さを封じ込めて、全国に直送することができます。

ですが、北海道近海では禁漁区や禁漁期間の影響があり、あまり北海道近海では獲ることができません。

そのため、オホーツク海まで行って捕獲する場合が多いです。オホーツク海といえばロシア産というイメージがあるかと思いますが、同じ海域で獲った魚でも、日本の船が獲れば日本産、外国の船が獲れば外国産となります(JIS法)。

ですので、オホーツク海で獲ったタラバガニについては、北海道産として販売されていても、基本的に味はロシア産と変わりません(ただし、現在オホーツク海には日本船はほとんど入れません)。

また、産地に「羅臼産」「国産」などの記載があっても、よく見てみると原産地は海外で、国内で加工したものというケースが多いです。

北海道近海で獲れたタラバガニはほとんど市場に流通しませんので、もしも北海道旅行などで食べる機会があれば、大変貴重な経験と言えます。

ロシア産

タラバガニの中でも一番美味しいと言われるのがロシア産です。

というのも、オホーツク海の流氷には、タラバガニの餌となるプランクトンが大量に付着しています。

春になると流氷が溶けてプランクトンが爆発的に増殖して、タラバガニの餌場と化します。

餌をたらふく食べたタラバガニは、大きく健康的に成長し、旨味の強い最高品質のカニとなります。

ロシア産のカニは、活きたまま日本に輸入されて、日本の業者によって加工(塩茹で・急速冷凍)されます。

タラバガニは茹で加減、塩加減が命と言われますが、日本でプロの業者が加工するので、味にも問題ありません。ただし、手間がかかる分だけ少々割高になります。

ノルウェー産

タラバガニの生息域は北太平洋であり、ユーラシア大陸の反対側にあるノルウェーにはもともとタラバガニは生息していませんでした。

しかし、数十年前に旧ソ連がバレンツ海(ロシア西部の海)にタラバガニを放流して以降、ノルウェーのフィヨルドにも生息するようになりました。

フィヨルドにはタラバガニの天敵がおらず、ノルウェー人もあまりカニを食べないために、大量繁殖して生態系を壊しているといいます。

タラバガニは一般的に水深30~350メートルの海の底に生息していますが、ノルウェーでは水深の浅いところまで生息しているということですから、かなり深刻です。

そんなノルウェーは積極的にタラバガニの輸出を行っており、日本でもノルウェー産のたらば蟹が主流になってきています。

ロシア産と同じく活きたまま日本に空輸されているので、日本で加工されており、ロシア産と同様に高級タラバガニとして人気があります。

ちなみに、ノルウェーではタラバガニの食べ放題も行われており、日本人観光客に大変人気があります。

アラスカ産

タラバガニは極寒の地域で獲れたものが美味しいといわれており、アラスカ産のタラバガニもサイズが大きくて旨味があると定評があります。

アラスカ産も流氷でプランクトンが豊富に運ばれてきますから、餌に困りません。

北海道産、ロシア産と比べても一回り大きいものが多く、大きなタラバガニを狙う業者に人気があります。

しかも、アラスカ産は他のカニよりも比較的安価で手に入るので、大きなカニを割安で食べられるというメリットがあります。

どうしてアラスカ産が安く売られているのかというと、アラスカでは禁漁区がほとんど設定されておらず、漁を盛んに行うことができるので、安定的に輸入することができるからです。

ただし、基本的に現地で冷凍してから輸入するので、業者が見ても品質が分かりにくいというデメリットがあります。

同じ産地でも味に差が出る?

産地は同じでも、カニの品質や鮮度、保存方法などにより、味に大きな差が出ることがあります。

たとえば、ボイルたらばがにの場合、業者の方で塩茹でしますが、経験豊富なプロが塩茹でするのと、あまり経験のない人が塩茹でするのとでは、塩加減に差が出てしまいます。

「通販サイトでボイルタラバガニを購入したけど、しょっぱくて塩抜きしないと食べられなかった」という人も少なくありません。

また、使用する塩の種類も、味を大きく左右します。

優良なカニ専門店であれば、塩茹でまで気を配って行いますが、残念ながら、ただカニを売ればよいというお店も少なくないのです。

美味しいタラバ蟹を食べるなら、カニの産地も大切ですが、それ以上に優良な通販サイトを選ぶことが大切です。

かに子が推薦する「かにまみれ」は、原料はすべて産地ルートの証明が取れており、加工はすべて国内の専門業者が行っているので安心です。

カニ食べ子推薦のタラバガニ通販おすすめランキング

1位 かにまみれ

⇒かにまみれの公式サイトはこちら

2位 かに本舗

⇒かに本舗の公式サイトはこちら

3位 浜海道

⇒浜海道の公式サイトはこちら

4位 北釧水産

⇒北釧水産の公式サイトはこちら

5位 マルゲン後藤水産

⇒マルゲン後藤水産の公式サイトはこちら

「たらばがに通販で失敗したくない。」人は必見!

カテゴリメニュー