( ! ) Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2740
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220824{main}( ).../index.php:0
20.0002223464require( '/home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
31.102564948184require_once( '/home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:19
41.106864990752include( '/home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-content/themes/70123/single.php' ).../template-loader.php:106
51.106864990784get_header( ).../single.php:2
61.106864991600locate_template( ).../general-template.php:48
71.106864991832load_template( ).../template.php:716
81.106965025992require_once( '/home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-content/themes/70123/header.php' ).../template.php:770
91.116065505856wp_head( ).../header.php:24
101.116065505936do_action( ).../general-template.php:3042
111.116065506520WP_Hook->do_action( ).../plugin.php:474
121.116065506616WP_Hook->apply_filters( ).../class-wp-hook.php:331
131.116065506048call_user_func_array:{/home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-includes/class-wp-hook.php:307} ( ).../class-wp-hook.php:307
141.116065506752wp_maybe_inline_styles( ).../class-wp-hook.php:307
タラバガニの美味しい食べ方とは?家庭で作れる簡単レシピ! | かに食べ子.com
かに食べ子.com > 食べ方 > タラバガニの美味しい食べ方とは?家庭で作れる簡単レシピ!

タラバガニの美味しい食べ方とは?家庭で作れる簡単レシピ!

カニの食べ方と言えば、刺身や鍋などを思い浮かべる方が多いと思いますが、タラバガニには様々な料理の仕方があります。味に癖のないタラバガニだからこそ、色々な料理に使用したいですよね。

ここでは、ご家庭でもすぐに作れるタラバカニの美味しい食べ方について紹介します。

焼きタラバガニ

タラバガニと言えば、焼きタラバです。

タラバ蟹を食べやすい大きさに切ったら、キッチンバサミで半分殻を切って「半むき」の状態にします。

その後、魚焼きグリルや網、ホットプレート、コンロなどでじっくり焼きます。

ガスバーナーを使用してもOKですが、火事にならないように気を付けましょう。

ボイルされているタラバガニをグリルで焼く場合は5~10分ほどでよいですが、生のタラバガニを焼く場合は、焼き時間を長めにとります。

殻に黒い焦げ目が付いたら、食べられるサインです。焼きすぎるとパサパサしてしまいますので、定期的に確認しましょう。

焼きタラバガニには、レモン汁やすだちをかけてさっぱり頂きます。

お酒を一緒に呑む場合は、辛口の日本酒やロックの焼酎がおすすめです。

甲羅に日本酒をいれて少し焼いて、甲羅酒にするのもありでしょう。タラバガニを丸々一体購入するなら食べ子推薦の「かにまみれ」で!

カニピラフ

カニピラフは、カニ料理の中でも手軽に作れる料理です。

フライパンで作る方法と炊飯器で作る方法があります。

フライパンで作る場合は、フライパンにバターを入れて弱火で加熱した後、研いだお米と具材をバターで炒めて、タラバガニの足、白ワイン、コンソメを入れます。

炒める場合、お米は生のままでよいですが、炒めるとお米が油で包まれてしまい、水を入れても吸わなくなります。

芯が残るのが嫌という方は、炒める前に浸水を十分行った方がよいでしょう。

ピラフの具材は、みじん切りにした玉ねぎ、しめじ、マッシュルーム、にんにくなどをお好みで入れます。白ワインには、食材の生臭さを消して、食材の味を引き締める効果があります。

炊飯器でカニピラフを作る場合は、コンソメ(スープの素)、塩コショウ、白ワインなどの具材を入れて、水を加えて炊くだけです。

玉ねぎなどは先にフライパンで炒めてから入れます炊きあがった後、バターで軽く炒めると風味が増します。

通常のカニピラフは、ややお米の芯が残るアルデンテの状態ですが、柔らかい触感が良いという方は、炊飯器を使用した方がよいでしょう。

ただし、普通にお米を炊く時と違って具材がありますから、水加減を間違わないように注意しましょう。

カニクリームコロッケ

フライパンに少量のサラダ油をひき、みじん切り(またはスライス)にした玉ねぎを入れます。

玉ねぎがしんなりしてきたらマーガリンを加えて溶かし、弱火にして小麦粉も炒めます。

小麦粉の粉っぽさがなくなったら、牛乳を少しずつ加えて混ぜます。

中火にして、とろみが出てきたら、ほぐしたカニとコンソメを入れます。

さらに煮詰めて、しっかりした固さになったら、塩コショウで味を調え、火を止めます。

そして冷ましてから冷蔵庫で冷やします。これでカニクリームコロッケの「タネ」は完成です。

30分ほど冷やしたら、コロッケの形にして小麦粉をまぶし、卵、パン粉の順につけます。そして180℃の油で揚げて、キツネ色になれ完成です。

カニフライ

同じ揚げ物系で、カニクリームコロッケより手軽に作りたいという場合は、カニフライがおすすめです。

エビフライのように、カニの足をフライにしてしまいます。

殻を剥いたカニの足に、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけて、180度の油で揚げれば完成です。

かにまみれ」のカニポ―ションなら殻が届いた状態で届くのでカニフライにも便利です。

カニ天ぷら

天ぷらが好きなら、一度は食べてみたいのがタラバガニの天ぷらです。

タラバガニの殻を取ったら、ペーパータオルなどで水気を取ります。

そして冷水150ccと卵1個をボウルで混ぜ合わせ、小麦粉を100g入れます。軽くなじませたら、カニを付けて、180度に熱した油で揚げます。

これでタラバガニの天ぷらの完成ですので、塩または天つゆで食べます。

天つゆを自分で作る場合は、鰹節や昆布をお湯に入れて1分間置き、網で濾しながら鍋に入れ、みりん、醤油(ダシ4に対してそれぞれ1)を加えて火にかけ、出来上がりです。

カニグラタン

生のたらば蟹を使うなら、グラタンがおすすめです。

グラタンを作るには、スライスした玉ねぎやマッシュルーム、ほうれんそう、茹でたマカロニなどを用意し、ホワイトソースに加えます。

ホワイトソースは、フライパンにバターを入れて、玉ねぎやマッシュルームを入れて炒めます。

そして塩コショウ、小麦粉を入れて軽く炒めたら、牛乳を少しずつ入れて混ぜていきます。

とろみが付けば、ホワイトソースの完成です。耐熱容器にホワイトソース、具材、そしてタ殻を剥いたタラバガニを入れて、パルメザンチーズ(またはシュレッドチーズ)をまぶし、その上からパン粉をかけて、オーブンで調理します。

200度に予熱したオーブンであれば20分間ほど調理します。ボイルしたタラバガニを使うと、カニ肉が固くなってしまう場合もありますが、生のタラバガニなら丁度良い具合に仕上がります。

カニ食べ子推薦のタラバガニ通販おすすめランキング

1位 かにまみれ

⇒かにまみれの公式サイトはこちら

2位 かに本舗

⇒かに本舗の公式サイトはこちら

3位 浜海道

⇒浜海道の公式サイトはこちら

4位 北釧水産

⇒北釧水産の公式サイトはこちら

5位 マルゲン後藤水産

⇒マルゲン後藤水産の公式サイトはこちら

「たらばがに通販で失敗したくない。」人は必見!

カテゴリメニュー


( ! ) Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2740
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220824{main}( ).../index.php:0
20.0002223464require( '/home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
31.102564948184require_once( '/home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:19
41.106864990752include( '/home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-content/themes/70123/single.php' ).../template-loader.php:106
51.339367377656get_footer( ).../single.php:30
61.339367378472locate_template( ).../general-template.php:92
71.339367378632load_template( ).../template.php:716
81.339467395480require_once( '/home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-content/themes/70123/footer.php' ).../template.php:770
91.339667395512wp_footer( ).../footer.php:13
101.339667395592do_action( ).../general-template.php:3058
111.339667396184WP_Hook->do_action( ).../plugin.php:474
121.339667396280WP_Hook->apply_filters( ).../class-wp-hook.php:331
131.340067374024call_user_func_array:{/home/users/2/self-design/web/xn--u8j4cwbx730ailzd.com/wp/wp-includes/class-wp-hook.php:307} ( ).../class-wp-hook.php:307
141.340067374360wp_maybe_inline_styles( ).../class-wp-hook.php:307